校長だよりK 300721 

地域と繋がる、元気を届ける!  合唱部 & 生徒会本部役員

721日(土)は2つのイベントでの生徒の活躍を見に行きました。2つとも毎年恒例の地域貢献活動だということですが、本年度からコミュニティ・スクール(*参照)になった本校にとってますます意義深い大切な活動です。

まず1つ目は、歩いて5分ほどのところにある緑ヶ丘公民館での、合唱部の発表です。地域のお年寄りの皆さんが90名ほど集まっての会食会で、歌を披露したのです。ホールでの昼食会の後、本校合唱部生徒18名とお隣の厚木商業高校の音楽部の生徒10名が前方ステージで合唱や演奏を披露したり、お年寄りの皆さんと一緒に歌を歌ったりしました。「我は海の子」「夏の思い出」といった懐かしい夏のメロディに誘われ、皆さん笑顔で一緒に唄っていました。本校合唱部が顧問の小椋先生のご指導のもと披露した「瑠璃色の地球」「証」などの混声合唱もとても素晴らしく、歌詞が染み入るほどになんだか涙が出てきてしまいました。最後にアンコールの声がかかり、本校校歌のリクエストをいただきましたが、さすが東高合唱部、立派に2番まで歌い上げました。本校の校歌って本当に素敵な曲なのです。もちろん本校同窓生で、一緒に唄えるご婦人がたも大勢いらっしゃいました。歌の力ってすごい!と改めて感じました。

 

 

さて夕方には、10分ほど歩いたところにある王子公園での王子二丁目自治会の夏祭りにおじゃましました。生徒会本部の生徒6名が、上野先生の引率のもと、焼きそばの屋台をお手伝いしました。手際よく麺をほぐし、野菜とともに炒め、パックいっぱいに詰めて、青海苔を振り、紅しょうがを添えて出来上がり!慣れた手つきで自治会のお父さんと一緒に焼きそばを焼きまくりました。お客様への対応も見事! 会場には小さな子どもたちもたくさん来ていて、魚のつかみ取りをしたり、カキ氷を買ってもらったり、浴衣で盆踊りしたりとても楽しそうでした。ふと見ると、手を繋ぐ素敵な老夫婦、いいなぁ・・・心が温かくなりました。

「人と繋がり社会に貢献する力」は本校生徒に身につけさせたい『人間力』の重要な一部と考えています。

地域の皆さんの幸せの時間を、若さと元気でお手伝いする! 自分の好きなこと・得意なことで、人のためになる何かをちょこっとしてみる。一歩踏み出す勇気と行動力が立派です。でも、貢献活動によって、実は奉仕しているほうが勉強させてもらっているのですよね。「経験」という大切な勉強を。そう感じた午後でした。

 

 

*コミュニティ・スクールとは?

 生徒たちを取り巻く環境や学校が抱える課題が複雑化・困難化する昨今、国の教育改革の方向性や、地方創生等の動向において、学校と地域の連携・協働がますます重要とされています。神奈川の未来を担う生徒の成長に向けて、学校と地域が協働して生徒を支える学校づくりを進めるための制度がコミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)です。

本校はH30年度から新たにコミュニティ・スクールに指定されました。「厚木東高校P&Eコミュニティ・スクール」と銘打ち、学校評価部会・安全防災部会・地域連携部会の3つの部会を置いています。地域住民のみなさんに委員をお引き受けいただき、さまざまにご支援いただきながら、地域とともにある学校づくりをすすめてまいります。