平成31年4月吉日

**********************************************

青春のChallenge ! が輝く 素敵な普通高校

             

神奈川県立厚木東高等学校 

35代校長 村越 みどり

 

 

ようこそ厚木東高校のホームページをお訪ねくださいました!

 


 

【歴史と伝統】

厚木東高校は、明治39年、愛甲郡立女子実業補習学校として創立された歴史と伝統のある学校です。今年で創立114年目を迎え、卒業生数は2万5千人余を数えます。創立以来、数々の変遷を経て、昭和56年に現在の男女共学の学校となりました。穏やかで節度ある校風は創立以来引き継がれ、地域のみなさまに愛され、支えられながら多くの有意な人材を世に送り出してまいりました。神奈川の県立高校で4番目に広い敷地と緑豊かな自然環境に恵まれ、生徒たちは日々、学習や部活動、生徒会活動、委員会活動など、さまざまな活動に生き生きと取り組んでいます。

【新たな挑戦】

この春迎えた74期生の学年は、新しい大学入試が始まって2年目の学年となります。ICTの日進月歩の進化により世の中の働き方が大きく変化しつつあり、社会人に求められる学力もまた大きく変わってきています。100歳を超えて生きると言われている世代の生徒たちは、ライフプランも、人生において何を大切にして生きるのかも多様化していくでしょう。このように激変する世界の中で、伝統を大切にしつつも変化を恐れず、『予測困難な未来を、チャレンジ精神をもってたくましく生きる力を持った、自立した人間』を育てる、それが本校の使命です。

昨年10月に、神奈川県の高校教育改革計画U期が発表され、本校はお隣の厚木商業高校と再編統合されることとなりました。新元号令和6年度に、普通科に総合ビジネス課を併置した新しい学校として生まれ変わります。昨年末から両校の新校準備委員会を発足し、学科併置の特性を生かしたより幅広い学びの実現を目指して準備に取り掛かったところです。

【本校のミッション】

これまで本校は、『他者を思いやり、自ら考え、自ら行動し、自らを高める生徒』を育成することを目指し、知・徳・体の調和のとれた教育活動に取り組んで参りましたが、今後はさらに生徒一人一人が高い目標を持ち、自ら課題を発見し解決する力を育み、主体的に学ぶ意欲を高めることを目指した不断の授業改善を実施し、これからの時代に求められる資質・能力の育成に向けた教育活動の実践に取り組みます。

また昨年度より学校運営協議会制度を導入し、コミュニティスクールとして、地域等との協働による、地域に開かれ、地域と共にある学校づくりを進めています。今年度は生徒会活動やボランティア活動、防災などに於いて、地域との結びつきをさらに深めていきたいと考えています。

 

【厚木東でチャレンジ! 〜生徒諸君への3つの課題〜 

生徒の皆さんは、さまざまな教育活動を通して、次の3つの力を身につけます。

@  100年の生涯を自ら主体的に学び続ける自学力

A  人とつながり社会に貢献する人間力 

B  新たな目標に向かって、自分を高めるための挑戦力

 

生徒一人ひとりが3年間で無限の可能性を拓き、自らの生きる道を展望して、夢に向かい、希望に満ちてこの学び舎を巣立っていくことができるよう、教職員一丸となって全力でサポートします。今後とも変わらぬご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。