Let's Open! 伝統の宝箱 -確かな未来へ翔く 厚木東高校-

創立百周年記念事業 特別サイト

  1. 100周年記念TOP
  2. 100周年記念写真展 展示品の説明

100周年記念写真展 展示品の説明

写真パネル

明治40年の第1回卒業生の記念写真から今年度の体育祭・文化祭までの学校の様子をパネルにして展示しました。写真の約半数は開校から終戦までのもので、明治・大正・昭和の懐かしい学校生活が再現されました。
>> 記念写真展 の様子

制服の復元

明治時代 エビ茶袴
大正時代 エビ茶袴白線入り
昭和戦中 セーラー服は、何種類かが混在していたようですが、
写真を元に代表的なものを復元
昭和20年代 セーラー服
昭和30年代-40年代 紺のブレザー
昭和50年代-平成23年 グレーのブレザー
>> 制服の復元ページ

オオワシ

a

オオワシは国際自然保護連合(レッドリスト)危急種で絶滅の危険が増大しています。本校では、大正14(1925)年頃購入し、長い間生物室に保管され傷みの激しかった剥製を、百周年記念事業として修復しました。

 

 

 

 

彫刻

a

「吉祥天像」 地元出身の彫刻家、関野聖雲氏の作品です。記録には昭和7年寄贈とありますが、それ以前の古いアルバムにも写っていたりして、謎の多い像です。女学校を象徴するような圧倒的な存在感があります。実物は中会議室に展示してあります。

 

 

 

 

資料コーナー

(1)卒業アルバム  
大正13年・昭和4年・昭和13年・昭和14年・昭和16年の卒業アルバム。  
昭和3・4年の集合写真(ハカマ:伊勢神宮)(セーラー服)
(2)沿革・学校要覧・東高新聞・冊子類など

阿夫利嶺コーナー

『阿夫利嶺にこだまして』-神奈川県立厚木高女学徒勤労動員の記  
厚木高女青葉会記念誌実行委員会 編
(パネル・額・書籍・資料の展示)
「青葉会」という同期会の方々の体験談と貴重な記録が記されています。本校だけでなく近隣の学校でも戦争体験を語る活動をされています。「創立百周年記念文化部発表会」でも講演をしていただきました。

展示ケース

(1)コンプトン百科事典
昭和26年、占領期GHQ/SCAPによる高等学校図書館振興施策として、高等学校図書館コンクールが開催され 、関東地方の156校の高等学校が参加し、見事に本校が関東1位になり、この百科事典が贈られました。

(2)校章

a

校章の誕生

・月桂樹の枝葉で「厚高女」の文字を取り囲んだマーク
・厚木女子高校時代 月桂樹の枝葉で「厚高」の文字を取り囲んだマーク
・厚木東高校 (女子高時代) 白を基調にし「東」の文字が加えてあります。
・厚木東高校 (男女共学) 女子高時代のものと多少デザインが変わり、学年色を示す羽がつきました。

(3)埴輪
1967年3月25日-4月3日に登山(どうやま)1号墳の発掘調査が実施され、本校の郷土研究部の部員も調査に参加しました。これらの円筒埴輪三基はこの登山1号噴出土のものと思われます。
(4)写真E
(5)新聞記事

ロゴ 神奈川県立厚木東高等学校 創立百周年記念事業実行委員会

Copyright 神奈川県立厚木東高等学校 All rights reserved.