校長だより【25】  テスト勉強の灯り 30112930

日が短くなり暗くなるのが早いです。ふとC棟から中庭越しにA棟を見ると、どのHR教室も灯りが点いています。123日から4日間2学期の期末テストなのです。かなりの数の生徒が放課後教室に残って勉強し、生徒同士解らないところを教えあったりしています。中には眠くなってしまったのか、廊下でロッカーに向かい、一人立って勉強している生徒もいました。

遅くまでHR教室で試験勉強する生徒達 1129 16:43

 

職員室前の廊下にはクエスチョンコーナーがあって解らないところを先生に質問することができます。今日は数学を村尾先生(2年担任)に、国語の古文を木目田先生(1年担任)に教えてもらっている生徒たちがいました。

職員室前のQUESTION CORNER 1129 16:45

 

進路室のほうに回ってみると、ここにも灯りが点いていて、自習用パーティション机でそれぞれに取り組んでいる生徒もいれば、大机で集まって勉強している生徒もいました。

教室でもそうですが、互いに話をしなくても、集まって一緒にがんばることに心強さがあるのかもしれません。

進路指導室の自習コーナー 1129 16:51

 

 向寒の夕刻の教室の灯りは、東高の希望の光。みんなそれぞれの夢に向かって、それぞれのスタイルでがんばっています。

 

追伸:

職員室前のQUESTION CORNER 1130 17:03  

 

 翌日はさらに混んでいました。佐藤愛先生(2年担任)に生物を習う生徒、山口正先生(1年担任)に数学を習う生徒達、鈴木先生(2年副担任)に日本史を習う生徒達、友達同士で勉強する生徒達・・・と、端から端まで満席でした。 Go For It!