入学式

 

4月6日金曜日、第73回の入学式が挙行されました。吹奏楽部の演奏で入場して間もなく、各担任の先生の呼名に「はい!」と清々しい返事で立ち上がった7クラス278名の新入生諸君。その瞳は高校生活への希望と期待でキラキラと輝いていました。

続く式辞の中で校長先生は、新生活の始まりに当たり心掛けてほしい次の3つのことについてお話しされました。

@幸せに生きるために、自ら主体的に勉強し続ける力=勉強力をつけてほしい。

A人とのつながりを大切にして、人間力を伸ばしてほしい。

B自分の無限大の可能性を信じて、高い目標に向かってチャレンジしてほしい。

また、3年間の「時」と主体的に向き合って、3年後卒業する時、自分を主語にした「時」との出会いを語れるように、大切な命を生きてほしいと話されました。

新入生代表の、粂菜花(くめなのか)さんは、そのメッセージに応えるかのように、「失敗することを恐れず、充実した毎日が送れるように何事にも挑戦していきたい。」と、凛とした眼差しをまっすぐ校長先生と合わせながら、立派に語りました。

希望の春です。勉強に部活に学校行事にと73期生の大いなる活躍を期待しています。お越しいただいた、ご来賓・保護者のみなさま、ご臨席まことにありがとうございました。校長先生がお話しされたように、お母様も御婆様も本校の卒業生という新入生が、実際にいるそうです。地域に愛される本校の、永い永い伝統を実感しています。