学校紹介


多彩な学校行事が自慢です

 主な行事としては、遠足、手児奈祭(てこなさい)体育祭の部、伝統の手児奈祭文化祭の部があり、生徒会を中心に自主的に運営されています。
 他にも球技大会、マラソン大会、学年別では1年生の百人一首大会、合唱コンクール、2年生の沖縄修学旅行と1年を通じて多くの行事が計画されており、どの行事も大いに盛り上がります。
→戻る


部活動が盛んです

 多くの生徒たちが学習との両立を目指し努力しています。
文化部11部、運動部17部が所狭しと活動し、放課後の校内は活気に満ちあふれています。  
 男子バスケットボールは平成22・23・25・26年度に関東大会、平成24・25年度には2年連続で全国高校総体(インターハイ)に出場、女子バドミントン部は平成22年度関東選抜大会、平成23・25・26年度関東大会出場、弓道部は県下随一の施設に恵まれ、平成22年度全国選抜大会出場権獲得、平成26年度関東大会出場という素晴らしい実績を残しています。
 他にも、吹奏楽部は平成20〜22年度の3年連続で東関東大会に出場、演劇部は平成25年度県大会優秀賞受賞。平成26年度には水泳部(100M背泳ぎ)も関東大会出場を果たしました。
 また、高校では珍しい人形浄瑠璃部「ひがし座」は地元の伝統芸能を継承し、定期公演や外部からの依頼を受けての公演など多彩な活動を続けています。平成23年度は全国高校総合文化祭への出場も果たしました。

→戻る


気になる卒業後の進路は?

 毎年、7割以上の生徒が4年制大学・短期大学に進学しています。
 専修・各種学校には2割近くの生徒が進学し、公務員合格者も数名います。進学の特色としては、現役合格率の高さと難関私立大学への合格者の増加があげられます。
 指定校推薦は、青山学院大学、明治学院大学、専修大学、國學院大学など関東を中心に全国の大学、短大、専門学校の推薦枠を得ています。
 就職では、近年難関といわれる公務員試験に複数の合格者が出ています。

【平成25年3月合格者】
(現役生のみ)
 信州大学 1名
 東京海洋大学 1名
 青山学院大学 4名
 学習院大学 1名
 中央大学 6名
 日本大学 18名
 法政大学 14名
 明治大学 4名
 立教大学 2名
  他多数合格

→戻る


在校生より本校について一言

・とても明るく元気な学校です。
・授業中は真剣に取り組む人が多いです。
・部活動が盛んで、行事も楽しく盛り上がります。
・地域でのボランティア活動が盛んです。
・居心地の良い学校です。
写真は地域貢献活動時の、清掃の様子です。

→戻る


厚木東でチャレンジ!

 明治39年創立の伝統校としてその名を知られた本校は、創立108周年を迎え、現在に至っても地域から高い評価を得ています。
 伝統に培われた穏やかで調和のとれた校風をもつ本校ですが、平成23年度より制服を改定し、「厚木東でチャレンジ!」をキーワードに、勉強に部活動に学校行事に、思い切り挑戦していく新たな伝統を築きつつあります。
 緑に囲まれた自然豊かな環境の中で、穏やかで節度のある生徒が多い本校の良き伝統を守りながら、より高みを目指すチャレンジ精神を大切にしています。

→戻る


本校が目指す生徒像とは?

 本校は、「自主自立」の精神の元に、「自ら考え、行動し、自らを高める生徒」を育成することを目指します。
具体的には
・社会に貢献できる人の育成
・豊かで思いやりのある心の育成
・自ら学び続ける力の育成
を目指して努力をしています。

→戻る


充実した学習指導を実践しています!

 1年次は、少人数授業の実施などにより、基本事項の学習と望ましい学習習慣の定着を目指します。
 2年次からは進路目標に応じ、文系と理系に分かれます。
 3年次は、進路目標実現のための多様な選択科目をおいて生徒の期待に応えます。
 さらに、毎日の「朝の読書」により、一日の学校生活を落ちついた気持ちで始めることができ、放課後の補習では、授業内容をさらに深く学びたい生徒たちの要望に応えた講座が展開されます。
 また、早朝実施の補習や夏休みの補習には各学年、多様な講座が展開され、多くの生徒が参加しています。
 週末課題による学習習慣の定着、全国レベルの学力診断テスト、全国模試の実施により、実力の把握と弱点強化を図ります。

→戻る