青空をバックにした木の写真。校長室コラムのイメージ画像です。

保護者の皆様へ(PTA総会あいさつより)

 新緑の気持ちの良い季節となりました。緊張の連続だった1年生もようやく表情豊かになり、2、3年生とともに部活動、体育祭、そして何より継続的な学習にと取り組んでいます。

 PTA会長様はじめPTAの皆様、保護者の皆様には、日頃より本校の教育活動についてご理解いただき、きめ細やかなご支援をいただき、感謝申し上げます。

 さて、本校は、来年28年度に創立110周年を迎えます。歴史・伝統を財産としつつ、将来を生きるたくましさとしなやかさを身に付けてほしいと願っています。

 本校は、昨年度の第三者評価において、中堅進学校として進学率、実績を評価していただきましたが、さらに、第一志望の実現率を高めることを目標に支援、指導してまいります。

 昨年度より、職員の学習習慣確立のためのプロジェクト委員会を立ち上げ、学習環境、生活面の整備、学習内容の充実について検討を重ねてまいりました。26年度においては、設備については、教室の窓ガラスの遮光やトイレの一部改修等、ハード面の整備とともに、生徒の日々の生活の取組みについて、本当に主体的な取組みができているか、生活全般、服装・頭髪等の現状についても課題意識をもって取り組んでもらいたいと指導を行ってきました。ルールがあるならば、ルールをすり抜けてやり過ごすのではなく、ルールを正面から向き合い、どうすればよいかを考えて対応する生き方をしてほしいと思っています。

 27年度は、改めて「授業改善」にフォーカスし、各教科の取組みの一層の充実を図り、生徒の主体的な学習をサポートしていきたいと考えています。また、今年度、本校は、国立教育政策研究所により学習指導実践研究協力校(国語)の指定を受けており、他の教科についても、これまでの取組みを踏まえつつ、生徒の真の実力の充実を図るべく、取り組んでまいります。

 学習、部活動、学校行事のすべてにおいて、生徒の活動の充実を図り、やる気、根気を育て、自信をもって、自分の可能性を信じて、第一希望の実現に向けて取り組んでほしいと思います。

 教職員は授業改善、進路指導について組織的な取組みを充実させ、生徒の支援に努めます。保護者の皆様との共有化と連携により、さらに一歩先に進めると信じています。よろしくお願いいたします。

 なお、その他、今年度は7月~28年2月に体育館の耐震工事が予定されています。また、これまでの学校の教育活動全般を吟味、検討した結果、学校行事の見直し、カリキュラムの検討をしながら、28年度より3学期制へ移行する予定です。詳細は改めてご通知いたします。

PTA総会あいさつ